イメージ画像

最新情報

2011年8月25日水虫
水虫が治りにくい理由
2011年8月25日水虫
バスマットとスリッパ
2011年8月25日水虫
小水泡型足白癬
2011年8月25日水虫
水虫の進行
2011年8月25日水虫
水虫の症状

水虫とは

水虫という病気名を聞いたことがありますか。知らない人はいないと言ってもいいほど知名度の高い病気です。これほど知名度の高い病気なのに、水虫についての正しい知識を持っていない人がほとんどです。それはなぜでしょう。


水虫のもととなる白癬菌というのは、カビの一種です。カビは本来じめじめしたところを好みますから、白癬菌も例外ではありません。この菌が肌の角質層を食べて繁殖するという仕組みです。そのため、清潔に保つことが1番の予防になります。


最近では女性の水虫が増えています。働く女性が増えたというのも1つの原因でしょう。たいてい女性はストッキングをはいて1日中働きます。そのため足がむれやすく、白癬菌が増殖しやすい環境になってしまうのです。


水虫になりやすい状況は、老人ホームなどの集団生活をしている人や、プールや温泉などに入る機会が多い人です。5人に1人が水虫と言われているだけあって、大人数で生活を送る場所には白癬菌が潜んでいる確率も高いのです。


水虫と判断されてしまったら、どのような治療をすればいいのでしょうか。まず1番即効性が高いのは、患部に塗りこむ外用薬です。外用薬にも何種類かありますので、自分に合った外用薬を選んで使うようにしましょう。


水虫を放置しておくと二次災害にあいやすいのが足の爪です。爪水虫の初期症状は、爪に白い線が出たり爪が白くにごる程度で、水虫とは気づかない場合がほとんどです。そのため、症状が悪化してから病院に行くことになるので完治しにくくなっています。


水虫治療関連リンク



このページの先頭へ